境界線上のホライゾンII

2016年10月30日

NYKO Intercooler for Xbox One

買いました。

なんかもうXB1で遊ぶとテレビ台のなかがほっかほかで、上段に設置してある
PS3とパッドの類いも手に触れると温いレベルになっちゃう状態だったので、
ひと月前に無印のUSB扇風機を買ったんですが、出し入れが面倒なのと、しまう時に
うっかりXB1のスイッチに触れてしまう事が度々あったので、えいやっと。

写真を見ると風が前に吹き出しそうなんですが、というかそこでしばらく
躊躇していたんですが、実際には上方向に吹き出すようになっていたのでベネ。
回転数も自動で変わるしデザインに統一感あるし、Intercooler自体を触って
みても以前のように熱くはないし、テレビ台の中の温度上昇も抑えられている
ので、とっとと買っとけば良かったわー。という感じです。満足なりぃ…。
posted by しんぐー at 22:47| Comment(0) | ハードウェア

2014年03月03日

HORI GEMPAD EX

360のパッドに関しては純正のリキッドブラックかMadCatzのFightPad SDを
用途別にって事で結論が出ていたんですが、遅れてきた挑戦者というか、
北米がXbox ONEで盛り上がってる時分にひっそりとリリースされている事に
気がついちゃったので(やめときゃいいのに)デザインに惹かれてダイブ。

360のホリパッドに関してはEXターボ、EX2ターボとどちらもフィーリングが
合わなくて(アナログスティックがピーキー過ぎたり、十字キーの大きさが
合わなかったり。共通で感じたのは「ファミコインくれ!」)、二度あることは
三度なのか、三度目のうんたんなのか、ただYouTubeで猛烈に推してる人
居たのでちょっと期待。

したんですが、二度ある事は以下略でした(結論) まずアナログスティックの
棒が長い。多分DUAL SHOCK 3と同じ長さ。コントローラーの大きさからすると
かえって持ちにくい上に頭がプラだから、突起はあっても滑りやすいというか、
どーにも気を遣う感じ。

十字キーの方はしっかり入るんだけどなんかこう外周の盛り上がりまでが長い
っつーか、やっぱ「ファミコインくれ!」みたいな。 FightPad SDのような浮つきは
無いのでその点では安定感があると思います。ただSTGとACTにはいいけど
格闘はどうかなー?というか、昇竜、ヨガまではいけたけどスクリューは
出せませんでした(少なくとも私には無理でした)

あとアナログトリガーのストロークが極端に短いので、微妙なコントロールが
要求される車ゲーは無理だと思います。ここは多分、そういう割り切りで設計
されているかと。

純正が駄目駄目だった頃にお世話になったMadCatzのパッドを、件の動画の人が
Skip itしたところで好みの方向性が違う事に気付くべきでしたわー。しくり。
posted by しんぐー at 23:42| Comment(0) | ハードウェア

2011年09月13日

負けると爆発するんですよね

と言われて「ああ、確かに。」と思える形状のMadCatz製喉電話こと
Gears of War 3 Throat Communicator」、前身である「Modern
Warfare 2」のがフレにいまいち不評だったんですが、やっぱこう
見た目と、もしかしたら改良されてるかも的期待感に後押しされて
ダイブ。

んで、到着したので自分宛メールとフレとのチャットを試してみた
感じ、MW2のより良くなっていたので個人的には満足。どの辺が
良くなっていたかというと、
 ・本体のカーブが丸ではなく雫のような形なのでフィットしやすい
 ・カールコードになって取り回しがよくなった
 ・音量調節の幅が広まった
 ・音量コントローラが操作しやすい位置にきた
 ・本体のサイズ調整が出来る(日本人には関係無いかもだけど)

サイズは左右それぞれ約1cmぐらい伸ばせる感じです。

変わらないポイントは、
 ・コネクタを回すとノイズが走る

ですけど、これ純正でも起きてるような気が。あとサイトの情報だけ
だとわからん(わかりにくい)ポイントを2つばかり。
 ・イヤーピースは大中小あって、中が取り付けられている。
 ・首の後ろのラバーは別パーツで自分で貼り付ける。

実際チャットする時に首のどこにあてるか。は結構肝な感じですが、
その筋の人のお話だと喉仏より上がいいとの事。 自分宛メールで
試してた時は首の横でやっていましたウェヒヒ。ちゃんと聞こえた
つもりだったけど、まぁ自分の声録音して聞くことないからなぁ。
posted by しんぐー at 01:08| Comment(0) | ハードウェア

2011年02月17日

VS FIGHTING PAD - MARVEL EDITION

360のパッドに関しては純正(リキッドブラック)と、MadCatzの
FightPadを用途別に使いわければいいやー。と思っていたんですが、
GameSparkのこちらの記事を見て辛抱堪らずダイブ。んで先日届いた
ので雑感を。

箱はフタの部分にマグネットがついていて、開け閉めスムーズ良い感じ。
スティックとボタン部分が試せるように抜いてあるケースが中に入って
いましたが、止めているのは透明なテープで三箇所だけと、向こうの製品
にしては緩め。

とりあえず写真(上から)(横から) あとYouTubeにアップされていた
動画をぺたり

STARTとBACKボタンはケーブルと右トリガの間にあります。最初見た時は
アホかと思いましたが、握ってみたら全然アリでした。パッドの大きさは
FightPadと比べるとコンパクト。で、裏面は流行りのラバーコーティング
ですが、FightPadより手触りはいいです。

スティック部分も6ボタン部分もマイクロスイッチ採用で、特に6ボタンの
方は太もも or 平らな面に置いて高橋名人よろしく痙攣打ちしたくなる
ぐらいの気持ちよさ。ヤバイ。 スティックのストロークはネオジオ
ポケットより気持ち長め(パッドの高さがある所為かも) 個人的には
ネオポケのがベストだと思っているので、ここはやや残念。

ちなみにネオジオCDパッドは指が痛くなるわストローク長いわで買った
翌日に売却サヨナラ。初代バーチャスティック並の憤慨デバイスと言っても
過言ではないぐらいにヘイト。未だにヘイト。

閑話休題。ストIIとエグゼリカとRAIDEN FIGHTERSをやってみた感じ、
ザンギのスクリューとかエグゼリカの投擲みたいな回す系については
相性抜群。もう何も恐くない。 ただSTGでのちょんちょん避けとか、
格ゲーでの前ダッシュみたいな入力に関しては、スティックのエッジに
親指の腹をのせるようなスタイルじゃないと具合が悪い感じです。

あと私の持ち方とか運指の問題かもですが、ストIIで急に左に移動しようと
してジャンプしちゃうのがちょいちょいありました。だもんで、作りは良い
と思うし個人的にはお気に入りなんだけど、万人に薦められるか?というと
「どうかなー」みたいな。

ちなみに連射機能、疑似アナログスティック機能は搭載していません。
posted by しんぐー at 23:42| Comment(0) | ハードウェア

2010年11月20日

Kinectセンサーとワイヤレスシルバーコン

確かE3辺りでなんかテンション上がって勢いで注文しちまった
Kinectセンサーが届く今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
情報が出れば出るほどリビング前提というか、お一人様なら1.8m、
お二人様なら2.5mは離れて下さい、あと周りも片付けて床も見え
ないと駄目ですヨって、もうアメリカ・カナダ・オーストラリア以外の
国ではまともに遊べそうにないし、Kinectが使えない部屋は物置
という認識に違いねえ。

ただまぁダッシュボード上であれば手の長さ+αぐらいの距離で
椅子座り状態でも操作は可能、音声認識でメニューを切り替え
られたり、マイノリティリポートごっこが出来るのは未来な感じ
なので、今後上半身だけでも成立するゲームが出たり、オープン
ソースのドライバ関係で愉快な事になるといいにゃー。みたいな。

で、Kinectつーたらこれですよね、椅子座り状態じゃまともに
は出来ないだろうけど動きを見ることぐらいは出来るんじゃ
なイカ?と淡い期待をして「ダンスエボリューション」も同時に
購入したンですが、「右手を上げてスタート」の一文が画面に
出て見事に打ち砕かれました。ゲームのメニュー画面すら
出せないとは…。

んで、やはりというかLiveビジョンカメラとは排他。オリジナルの
ゲーマーアイコンを作る機能も対応しておりませなんだ。あと取説
では背面のUSB端子に接続する事を要求していますが、これは
HD DVDプレイヤーからのチェーンでも大丈夫な模様。

そんなKinectの影に隠れてしまった感のある新型コントローラー
「Wireless Controller Silver」ですが、ぶっちゃけ「両面テープ
無しでファミコインの着脱が可能になりました!」以外の何もの
でもなく、D-Padが十字キーじゃないのがイヤでイヤでしょうがない
という人以外は特に買う必要は無いんじゃないかと思います。

リキッドブラックと比べると気持ち程度にキーが硬めな印象。
本体がサラサラしていて触り心地が良いのだけがアドバンテージ
かなぁ。あくまでも個人的な感想ですが。
posted by しんぐー at 23:42| Comment(0) | ハードウェア

2010年06月26日

Xbox360 ワイヤレス コントローラー(リキッド ブラック) プレイ&チャージ パック

何やら方向キーが違うとの噂システムだったので購入してみました。
触ってみて以前購入した緑コン同様、均等に力が入ってく感じが
したので、バラして基板を見てみたり。(旧コンと緑コンについては
こちら


緑コンと同じで、全体の構造に変化は見られず、ゴムパッドは相も
変わらず一部が欠けた代物…なんだけど、旧コンや赤コンよりは
入力がまともという感じです。気持ち緑コンより「あれあれ?」と思う
事が多いように感じましたが、今後純正パッドを購入するのであれば、
こちらを選択するのがベターかと。

あー、でも「あれあれ?」については繋げる前にバラしてしまった
所為という線も否め、ナイ。失敗失敗。

ガイドボタンがつるピカで安っぽいなぁとか思ったっけ、新型本体の
電源スイッチに合わせての事だったんですね。なんかデザイン的には
前の方が良かったような―――気が―――――。
posted by しんぐー at 23:42| Comment(0) | ハードウェア

2010年03月16日

Xbox360 ハードディスク 250GB

amazonのカスタマーレビューを見たら100GB転送に8時間とかなって
いたので換装は週末に持ち越しといった感じなんですが、それは
それとして、プリインストールされているソフトが気になったので
XPORTで中を覗いてみたところ、次のソフトが入っているようです。

・Forza Motersport 3
・Hexic HD
・Pinball FX
・Sensible World of Soccer
・Peggle
・Galaga Legions
・Geometry Wars: Retro Evolved

ファイルサイズ的にフォルツァはムービーと思われます。他は
Hexic HD以外はおそらく体験版なんじゃないかと。完全版だと
したらウヒョって感じですが、メモリーユニット 512MBに収録
されていたジオメトリウォーズ(完全版)が移動不可だった事を
考えると、HDD無しからの購入者以外は収録されているソフトに
それほど旨みはないかも知れません。まぁ参考程度に。

2010/03/18追記
GAME Watchの方に120GB HDDに関する記事がありました。
コメントで頂いた情報と同じく、殆ど体験版ということで。
posted by しんぐー at 23:42| Comment(3) | ハードウェア

2009年11月09日

Real Triggersとアシストパッド3

先日GameStopで注文した「Real Triggers」が到着したので早速
開封&アタッチメントゴーしてテンションアップ。こういうので
いいんだよこういうので。 正直、欲を言えばもっとなだらかでも、
というか360パッド寄りでも一向に構わん感じですが、多くは
望みますまい。

アシストパッドの方は掛けてる指が上に押し上げられているような
感覚が拭えなくて、どうにも好きになれませんでしたヨヨヨ。
使い込むと出る不具合とかはまだわかりませんが、とりあえずは
望むものが手に入ったという感じでベネ>Real Triggers

そいえば北米amazonで同一の製品が「Dual Triggers」と名前を
変えておりまったが、マイナーチェンジしたんだろか。

以下、比較写真(左がReal Triggers、右がアシストパッド3)
PS3_RT_FRONT.jpg正面PS3_RT_SIDE.jpg
PS3_RT_BACK.jpg後ろPS3_RT_UNDER.jpg

下の写真を見ると判ると思いますが、アシストパッド3だと微妙に
押し切れません。あとアタッチメントが当たるのでカチカチと
音がします。まー、最後まで押し切れないと死ぬようなゲームも
そうそう無いとは思いますが、気になる人は要注意という事で。
posted by しんぐー at 23:42| ハードウェア

2008年01月07日

LCD-MF241Xアップデート

いつの間にやらVer1.20が提供されてた。んで、修正内容に
MF241Xとプレイステーション3を接続した状態でプレイステーション2のゲームを起動した際、画面が映らず音声だけが聞こえる場合があるのを修正。
とかあったので、もしかしてPS2「電脳戦機バーチャロン」が
映らなかったのはこれかー?みたいな。後で試してみる所存。
posted by しんぐー at 23:43| Comment(0) | ハードウェア

2007年08月14日

LCD-MF241XWR

適当な感想。

何が一番まぶしいかってデフォルト設定の画面ではなく、待機モード
の電源ランプ(赤) こればっかりは調整効かないし。わかる人には
「EyeToyのアレ」でわかるかと。とりあえずタックシールを4枚ぐらい
重ねて貼るといい感じ。

どうも解像度が変わると輝度情報がどっか行ってしまうらしく、フル
スクリーンとデスクトップ画面が切り替わるとやたら眩しくなる。
10にしていたのが20ぐらいになってるような。メニューを出して輝度
情報をいじるか、モニタの画面モードを切り替えるかすると正常に。

個人的には残像は気にならない。遅延はまだなんとも言えない。

ドット2倍モードはザラついた感じでなんか小汚い。

取説は不親切。っつーか、接続モード毎にメニュー項目変わるのに
全部網羅されてないってどういう事ですか。おまけに取りうる最大
と最小も書かれてないし。「シャープネス:映像の輪郭を調整します。」
だけじゃ数値の増減で何がどう変わるのかさっぱりなんですけど。
考えるな感じるんだ?

ゲームモードのオンとオフで何が変わるのかはサッパリ体感出来ず。

LL-203G-WであったフレームスキップやLL-T1815-Hであったフレーム
の断層は無いっぽい…けど、「WARNING FOREVER」の面間で下を
流れる「HIT ANY KEY」の文字は一瞬止まる。あと背景のクロスハッチ(違)
が斜めになるようにしておくと、フレームの断層が上から下に流れて
いるのがわかる。

子画面がちょっと便利っぽいぐらいであとはとにかく微妙な感じ也。
posted by しんぐー at 01:50| Comment(0) | ハードウェア
Play-Asia.com - コンソール、PC対応ビデオゲームを購入−日本、韓国、その他の地域発!